地方で闘うフリーランスクリエイターのコラムマガジン

カヤマナオ.com

コラム

住宅ローンの専門家に依頼して、賢く低金利でローンを組む方法

更新日:

b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_s

昨年、急遽決まった一戸建て住宅購入のために当然ながら住宅ローンを組みました。実際にやってみて分かったのは、初めて家を買う素人には、「住宅ローン」は荷が重いということ。様々な可能性を比較検討しつつ、金利面でも優遇されるためには、やはり住宅ローンの専門家に頼るのが一番という結論に達しました。

多くの人が家を買うのは初めて、住宅ローンも初めてである

家は、人生最大の買い物とよく言われます。

何千万ものお金を動かすのですから、人生のうちにそう何度もある訳ではありません。

多くの人が、「家を買う」のは1度きり、つまりたいていの人が「初めて家を買う」のです。

住宅を購入する場合、それが一戸建てだろうとマンションだろうと、多くの人が「住宅ローン」を組みと思います。

住宅ローンは、「最も人に優しい借金」とも言われるように、低めの金利でかなりの長い間、返済を待ってくれる非常に使い勝手の良いローンです。

しかも、支払者に何か万一のことがあった場合には、その後の支払いが免除される可能性もあるのです。

私自身「ローン=借金」という考えが第一にありましたので、住宅ローンを組むのは大変恐ろしかったですが、

上記のように考えれば、それほど大変なことでもないと思うようになりました。

ただ、「どのように住宅ローンを組むか」によって、その結果は大きく異なるということもまた事実です。

「正しいローンの組み方、お得なローンの組み方」とは何なのか、そんなこたあ、素人の私に分かるはずがありません。

さあ、家を買おうと思った時の住宅ローンのパターン

新築でも中古でも、家を買おうと物件を決めたら、次はローン審査に挑戦します。

住宅ローンを組みためのパターンとしては、以下の2つが一般的かと思います。

1.ハウスメーカー・不動産業者に代行してもらう

新築の家を建ててもらうハウスメーカーにも、ローン関連の業務を専門に行うスタッフがいる場合もあります。

もちろん、担当の営業マンが手引してくれることもあるでしょう。

多くの場合、提携している銀行があって、そこを通してローン審査を行い、お金を借りることになるかと思います。

ハウスメーカーと銀行が協力関係にあるという点では、多少の「借りやすさ、ローンの通りやすさ」はあるかも知れません。

極論を言えば、ハウスメーカーは「ローンが通りさえすれば良い」

この場合の問題点は、ハウスメーカーにとって「ローンの良し悪し」はそれほど重要ではなく、

とりあえず「ローン審査が通り、住宅を建てるためのお金が手に入る」ことが出来れば、それでミッションコンプリートだということです。

住宅ローンは、できるだけ良い条件(金利が低いなど)で借りられた方が、家を建てる側にとってはメリットになります。あまり良い条件で借りられなければ、その後の返済における負担が増えたり、思わぬ弊害に見舞われる可能性もゼロではありません。

ハウスメーカーの担当者が、家を建てた後のライフプランまで視野に入れて考えていてくれれば良いですが、それを期待するのも難しいかも知れません。

もちろん、担当者は「家を建てる専門家」ですから、必ずしも住宅ローンについて詳細な知識や経験を持っているかは分かりません。

2.直接銀行に行って、交渉する

ハウスメーカーを通さず、自分で銀行に行って、ローンの申し込みをすることももちろん可能です。

相手は百戦錬磨のバンカー、そして住宅ローンの専門家です。住宅ローンについて何も分からない場合でも、ローン組成に向けて、協力してくれることでしょう。

しかし、ハウスメーカーの提携している銀行を紹介してもらうのとは異なり、何もつてのない銀行へ行くのは少々、敷居が高いでしょう。

普段、取引のある銀行や口座を開設している銀行などならば、顔見知りの銀行マンなど在籍しているかも知れないですので、そこから相談を初めて見るのも良いかも知れません

多くの銀行を回って、条件を比較検討するのは大変な作業

どうせなら、住宅ローンは条件の良い銀行から借りたいものです。

しかし、多くの銀行を回って、担当者と話をし、条件を交渉していくのは、大変骨の折れる作業です。

当然、銀行は平日しか営業していない場合が多い(ローンセンターなどは休日も営業している場合があります)ですので、夫婦共働きでは、なかなか銀行へ相談に行く機会もないでしょう。

もちろん、相手はローンの専門家です。こちらも、それ相応の知識を持っていなければ、条件を有利にする交渉などできるはずがありません。

私が短期間で好条件の住宅ローンを組めた理由

2015年の10月に中古住宅の購入を決めた後、訳あって、年内にすべての契約等を終わらせなければならない状況でした。

もちろん、それまでに住宅ローンの審査も通らなければなりません。

私は自慢ではありませんが、オススメのミステリー小説や欧州サッカーの戦術トレンドでしたら、夜が明けるまで語り尽くすことが可能ですが、「お金」にまつわることに関しては2歳時並の知識しかありません。

住宅ローンという言葉は聞いたことがありましたが、もちろん食べたことはなく、知り合いでもありません。

つまり「なーんにも分からない」状況でした。

一応、いろいろと本など買って勉強してみましたが、耳と目から入った情報は、そのまま二酸化炭素と一緒に出ていきます。

「これはいかん!」とついに本気になった私は、「専門家にお願いしよう」と早々にギブアップを宣言したのです。

住宅ローンの専門家「住宅ローンコンサルタント」

世の中にはいろいろな職業がありますが、「住宅ローン取得をサポートしてくれる」住宅ローンコンサルタントという職種があるのです。

私はわらにもすがる思いで、住宅ローンコンサルタントに相談し、サポートをお願いしました。

基本的に、どんなことをやってくれるかというと

  • ライフプランニングに合わせた適切な住宅ローン組成のプラン作成
  • 複数の銀行を回って、ローン借り入れに最適な銀行をリストアップ
  • ローン審査を可決させるための文書作成
  • 条件・金利優遇の交渉
  • その他、住宅ローン取得に関する行動のサポート

といったものです。

もちろん、コンサルタント費用はかかりますが、金利交渉で優遇されれば、その「浮いた分の金利」で費用はまかなえますので、負担になることはありません。

それだけの費用を払ってでも、住宅ローンの借り入れにかかる労働力や時間、専門知識のことを考えれば、非常に効率的かつ有効な方法だと思います。

もし自分で住宅ローンの借り入れをしようと動いていたら、無事に借り入れなど出来なかったと自信をもって断言できます!(そんなものに自信を持つなと言いたい)

古来より「餅は餅屋」と言いますが、無理に自分の専門外のことをやろうとするより、専門家に頼んでしまった方が時間的にも精度的にも間違いがない場合が多々あります。

住宅ローンという複雑怪奇な代物に関しては、間違いなく「専門家に頼る」ことが正解だと、私は自らの経験から確信しています。

栃木・群馬住宅ローン相談センター

私にとってラッキーだったのは、近くに住宅ローンコンサルタントが存在していたことです。

こればかりは、「日頃の行いが良かった」としか言いようがありません。

スクリーンショット 2016-03-16 16.22.37

お願いしたのは栃木・群馬住宅ローン相談センターのコンサルタント。

1から10までサポートしてもらったため、あれよあれよという間に住宅ローンの借り入れ審査が通ってしまったので、

今でも「何が起こったのか」は良く分かっておりません。

わかっているのは、「ああ、任せてよかった」ということだけです。

★詳細はこちら⇒栃木・群馬住宅ローン相談センター

新規借入はもちろん、借り入れの相談も可

私の場合、10年間金利固定で借り入れしていますので、10年後にはもう一度金利について見直していただくために、「借り換え」なども検討しなければなりません。

その際は、また住宅ローンコンサルタントに頼るつもりです。

マイナス金利なる、よく分からないものが導入された結果、住宅ローンにも大きな影響が出ているようです。

銀行には、住宅ローンの借換えに関する問い合わせが殺到しているとか。

これについては、もちろん「何もしない」という選択肢もありますが、

本来「手に入れられる利益」をしっかりと獲得するためには、面倒くさがらず、行動するしかありません。

ただし、自分で動くのは相当に骨が折れます。

だったら、専門家に頼ってしまった方が良い。

それが「賢いやり方」というものです。

 

一発勝負の住宅ローンで後悔しないために

家を買うのは一度、住宅ローンを借りるのも一度。

だったら、その一発勝負を最高のカタチで終わらせたいものです。

もちろん、借り換えで挽回はできますが、余計な労力はない方が良い。

これから家を買いたい、住宅ローンを組みたいと考えている方は、

ぜひともお近くの「住宅ローンコンサルタント」を探してみてください。

とりあえず、無料相談などで話を聞いてみることです。

住宅購入は一世一代の大勝負。

はじめからフルスロットルで全力勝負のスクランブル発進にて、勢い良く突き進むことをおすすめします。

関連記事はこちら

家族にやさしい、ちょうど良い!「Yasashie」はレジェンダリーホーム埼玉オリジナルのローコスト住宅プラン

人が暮らすとモノが増える。引っ越しするなら一族総出でGO!ミニマリストは引っ越しが楽なの?

マンションのベランダで喫煙したタバコの煙に襲われた時の対処法とは?

そろそろ本気で一戸建て。家づくり始めませんか?

スクリーンショット(2016-07-07-14.13.16)

【参照】タウンライフ家づくりホームページ

一戸建て注文住宅の無料一括資料請求サービス「タウンライフ家づくり」の驚くべきところは、「あんな家が建てたい!こんな家にしたい!」という要望を伝えると、希望するハウスメーカー(地域ごとに自由に選択可能)にその情報を伝えてくれ、ハウスメーカーが資料請求をした方専用にオリジナルの「間取りプラン、注文住宅費用の資金計画書、土地探し情報」をまとめた資料を送ってくれること。

複数のハウスメーカーに一度に依頼できるので、自分たちが希望する家のオリジナル計画書が、いくつも出来上がってくるということです。

こういった整理整頓された資料があれば、自分たちであれこれ調べる必要もありませんし、様々なハウスメーカーを横並びにして比較検討することができます。

一戸建て注文住宅を本気で建てたいなら、利用する価値あり

一戸建て注文住宅を建てたいと思っている方は、ある程度、希望の家の概要を家族で話し合いまとめてから「タウンライフ家づくり」を利用してみることをおすすめします。

自分が住んでいる、家を建てたい土地ごとに、希望するハウスメーカーを選んで資料請求できるので、非常に使い勝手が良いです。

幸せ一戸建て計画を、この資料請求から始めてみましょう!

タウンライフ家づくりで資料請求してみる

 

【さらに詳しく!関連記事】→一戸建て注文住宅の間取りプラン、費用見積り、土地探しが一度にできる無料資料請求が便利すぎる!

 

 
 
 

-コラム
-

Copyright© カヤマナオ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.