地方で闘うフリーランスクリエイターのコラムマガジン

カヤマナオ.com

コラム

篠原涼子がノーギャラ出演の桐生市ポスターが大人気らしい件

更新日:

篠原涼子 桐生 ポスター

【参照:桐生市ホームページ】

群馬県桐生市出身で同市の観光大使も務める人気女優・篠原涼子さんが登場した桐生市の観光ポスターが大変な人気で、かなりの広告効果なんじゃないの?と評判になっているらしいです。

桐生市の観光大使・篠原涼子さんとは?

今更説明することでもないような気がしますが、篠原涼子さんは、元東京パフォーマンスドールというアイドルグループのメンバーとしてデビューし、その後、歌手に転身。「愛しさと切なさと心強さと」のメガヒットで一躍人気者となり、その後、女優に。ドラマ「ハケンの品格」や「アンフェア」シリーズでその地位を確固たるものとした。夫は俳優の市村正親で、おしどり夫婦ぶりを時折バラエティ番組で(主に市村さんが)暴露している。

群馬県桐生市出身で、現在、同市の観光大使を務めている。

篠原さんポスターが大人気、しかもノーギャラ

ニュースサイト「週刊女性プライム」によると、

その反響はかなりのものらしく、桐生市観光協会のFacebookページは閲覧者が2万人越え、桐生市役所ホームページにも3万件を越えるアクセスが集まっているという。

化粧品ブランドの広告のように、ドレスアップした篠原さんがまっすぐ正面を見据えてたたずむポスターに。「KIRYU」の文字。

確かに観光ポスターとしては斬新というより、もはや篠原涼子しかそこにはない。

ポスターには小さく「桐生市」と書いてあり、それで初めて自治体の観光ポスターだと気づく人も多いという。

 ポスターにはさらに小さく《桐生市観光大使 篠原涼子》とある。それにしても観光誘致ポスターというのは、名所や食べ物、特産品などの写真や、街の売りを説明する文章など、情報を詰め込んだものが一般的だ。

桐生市の担当者によるとポスターには

  • 桐生織物の象徴である工場のこぎり屋根
  • 桐生発祥と言われるソースかつ丼
  • テレビなどで紹介され人気の幅広のひもかわうどん

など様々な桐生名物を入れる案もあったが、最終的にはすべてを削ぎ落した形でシンプルに「KIRY」の文字と「篠原涼子の魅力」を前面に押し出し、織物の町桐生を象徴する帯柄を入れてアクセントをつけたという。

写真撮影は、プロカメラマンの渡辺達生氏が担当し、SMAPを担当するスタイリストも呼び寄せたらしい。

予算300万円で、モノクロとカラー各サイズ計6000枚印刷。

篠原涼子さんはノーギャラという破格のリーズナブルプライスで今回の企画が実現したそうな。

篠原さんの男気ならぬ女気あふれる故郷への恩返しによって、同ポスターには問い合わせが殺到。範囲を全国に広げ、ポスターを配布する企画を練っているところだとか?

観光は桐生市復活の起爆剤となるか?

隣接する足利市同様、絹織物の町として古くから栄えて来た桐生には、古き良き日本の文化という財産があるものの、実際、街中を散策してみると、正直なところ町としての活気は失われつつあるように思う。中心部の商店街ではシャッターを閉めた店舗も多く空洞化が起こり、どことなく寂しい雰囲気。平成の大合併を経て、人口の減少も問題視されている今、桐生市は「観光」というキーワードを復活の起爆剤として活用できるか、その底力が試されている。

私はいろいろ知っている。

私の中学生時代、部活の顧問だった先生は、篠原さんの通っていた中学で教鞭をとっていたことがあり、彼女の中学時代のエピソードをあれこれ聞かせてもらった記憶がある。きっと先生方も「篠原、出世したなあ」とお喜びのことでしょう。

 

 
 
 

-コラム
-, , ,

Copyright© カヤマナオ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.