フリーランスクリエイターによる宣伝・広告に役立つ情報と役に立たないけどちょっとおもしろいインフォメーション

カヤマナオ.com

育児

イオン熊谷の「0・1・2・3さい くまっぺ広場」に行ってみた。

更新日:

イオン熊谷の2階にある子育て支援施設「0・1・2・3さい くまっぺ広場」が日曜日もやっているという噂を聞きつけ、行ってみました。が、予想外の事態に多少、戸惑いを隠せませんな!

CM151025-142800001

「0・1・2・3さい くまっぺ広場」は想像以上にいっぱいいっぱいだった

子供の遊び場探しには苦労します。

家の中だけで遊んでいると確実に飽きてしまうので、なるべく外に連れ出すようにしています。

我が家の8か月になる息子は、まだハイハイを始めたところで、歩くことができません。

そのため、遊ぶとすると外ではなく、室内ということになりますので、各地の支援センターやショッピングセンターの施設などを順番に回っていくことになります。

以前紹介した、籠原駅内のナカマルームもその一つです。

JR籠原駅隣のイーサイト籠原内こどもの広場「ナカマルーム」が便利過ぎる件

そこで知り合ったママ友から「イオン熊谷の中に、広い遊び場があるらしい」という情報を仕入れ、親子三人手に手をとりあって行ってみたのです。

イオン熊谷に到着したのは、日曜日の午後二時。

0・1・2・3さい くまっぺ広場」は午後3時30分までの営業なので、1時間遊べれば良いだろうとやってきたら、驚きました。

2014年4月に大きくなってリニューアルということでしたが、想像以上に広場は小さく、そして中には人がいっぱい。俗にいう「足の踏み場もない状況」に近いでしょう。

どちらかというと、子供より大人の方が多いんじゃね?

という奇妙な現象が起こっているガラス張りの室内で、老若男女が入り乱れてハッスルされています。

一目見て、ちょっと中に入るのをためらいました。

「くまっぺ広場」の前に、かなり大き目なキッズスペースがあり、一旦そこで作戦会議。

わが子は単に「心置きなくハイハイができる」状況であれば問題ないので、そのキッズスペースで遊んでもよかったのですが、そこはそれなりに大きなお子さんが「側転の出来栄えを競う場所」になっているようで、8か月のわが子を解き放つのは危険と判断しました。

さらに奥にあるベビーサロン

IMG_20151025_144856

イオン熊谷2Fの奥は、全体的に子供向け用品の売り場になっているので、一番奥の奥に授乳室があります。

IMG_20151025_144902

その中は、かなり広いつくりになっていて、幸いなことに小さな赤ちゃんの遊び場もついています。

IMG_20151025_144851

「くまっぺ広場」周辺の混雑ぶりとは異なり、こちらは誰もおらず貸し切り状態。

「さあ、行ってこい」

と息子を解き放ち、ハイハイからつかまり立ちの練習、しまじろうボーロと麦茶でおやつと45分間みっちり遊んでストレス発散。

その間に、妻はベビー用品の買い物ができて万事ぬかりなし。

 

0・1・2・3さい くまっぺ広場」は3時頃になると蜘蛛の子を散らすように人が少なくなりました。

皆さん、買い物をして帰る時間だったり、子供が眠くなったりする時間だったりするのでしょう。

広場内では、残った親子がスタッフの方と輪になって歌を歌ったり、手遊びをしたりして、とても楽しそうでした。

イオン熊谷自体は、イオン太田や羽生と比べると「あれ、大丈夫なのかな?」と思うほど空いていましたが、

やはり日曜日ともなるとお父さん、おじいちゃん、おばあちゃん皆一丸となって「くまっぺ広場」に集まってくるので混雑は仕方ないのかもしれません。

今度は平日に来てリサーチしてみます。

「0・1・2・3さい くまっぺ広場」
場所:イオン熊谷2F

営業日:日曜・月曜・火曜・水曜・金曜(週5日間)

営業時間:午前9時30~午後3時30まで
※イオン休業日は休館

熊谷ランチおすすめのお店紹介します

【熊谷】さくらめいと内レストラン「PASSO(パッソ)」のランチバイキングに行って来た

熊谷の「ゆずキッチン」は赤ちゃん・子連れランチに最適なキッズルーム完備の居酒屋

熊谷のホシカワカフェで絶品パンケーキとFuglen Tokyo焙煎の珈琲を味わう。

熊谷駅直結 インドカレー「ビンディ」のランチはコストパフォーマンス抜群ナンです。

そろそろ本気で一戸建て。家づくり始めませんか?

スクリーンショット(2016-07-07-14.13.16)

【参照】タウンライフ家づくりホームページ

一戸建て注文住宅の無料一括資料請求サービス「タウンライフ家づくり」の驚くべきところは、「あんな家が建てたい!こんな家にしたい!」という要望を伝えると、希望するハウスメーカー(地域ごとに自由に選択可能)にその情報を伝えてくれ、ハウスメーカーが資料請求をした方専用にオリジナルの「間取りプラン、注文住宅費用の資金計画書、土地探し情報」をまとめた資料を送ってくれること。

複数のハウスメーカーに一度に依頼できるので、自分たちが希望する家のオリジナル計画書が、いくつも出来上がってくるということです。

こういった整理整頓された資料があれば、自分たちであれこれ調べる必要もありませんし、様々なハウスメーカーを横並びにして比較検討することができます。

一戸建て注文住宅を本気で建てたいなら、利用する価値あり

一戸建て注文住宅を建てたいと思っている方は、ある程度、希望の家の概要を家族で話し合いまとめてから「タウンライフ家づくり」を利用してみることをおすすめします。

自分が住んでいる、家を建てたい土地ごとに、希望するハウスメーカーを選んで資料請求できるので、非常に使い勝手が良いです。

幸せ一戸建て計画を、この資料請求から始めてみましょう!

タウンライフ家づくりで資料請求してみる

 

【さらに詳しく!関連記事】→一戸建て注文住宅の間取りプラン、費用見積り、土地探しが一度にできる無料資料請求が便利すぎる!

 

Facebook、Twitterでお気軽にフォローお願いします

レクタングル大広告

レクタングル大広告

ゼロトップデザインワークスの印刷物デザイン
ゼロトップデザインワークスのJimdoホームページ制作

-育児
-,

Copyright© カヤマナオ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.